宝塚 ライビュ専科の地方民のブログ

宝塚を「好き」という気持ちを因数分解してみたい、という思いで綴っています

観劇感想『ベルサイユのばら』 フェルゼン編


『ベルサイユのばら』-フェルゼン編-をバスツアーを利用して観劇してまいりました。


いやーっ、よかった。


舞台をぎゅうぎゅうに埋め尽くすドレス&軍服祭り!


新調したお衣装の、生地の張り!


シルエットのピーンとした軍服!


三井住友VISAカード様、ありがとう!


歌舞伎といえば忠臣蔵、宝塚はべるばら、オペラはアイーダ!


ロイヤルのスキャンダルは、大衆演劇的には大正義なのよ!


バスツアーの他のお客さんたちの反応も、最近の某大劇場作品の10倍はウケがよかった!



正直、昨年来宝塚界隈でいろいろあって、自分の宝塚熱も冷め気味なところがあったんですよ。


今回「ベルばら」という、宝塚歌劇団でも再演を繰り返し手垢のついた演目が、


自分が初めて宝塚歌劇を見た時に全身の神経を駆け巡った、久しく忘れていた感覚を再体験させてくれた「宝塚ルネサンス」演目になるとは!


・・・


紅子:・・・


ごちゃごちゃ言ってるけど、アンタ結局本音は


あがたー!!



わたしをだ




管理人:死にたくなければ黙って聞け!


「ベルサイユのばら」というコンテンツの生命力ってすごいよね。


この50年、宝塚歌劇でもミュージカルでも「フランス革命もの」はいくつも出てきたけれど、「ベルサイユのばら」というコンテンツを”オワコン”にはできなかった。


紅子:令和の世から見れば、初演の演出を担当した長谷川一夫(歌舞伎の女形でチャンバラ映画スター)由来の演技スタイルやセリフ回しなど、「歌舞伎か!」な古臭さは否めない点はあるよね。


管理人:まあね。でも最近は歌舞伎やチャンバラ時代劇を「古いもの」として知らない世代も増えて、


「昭和レトロ」的というか、「古くさー」から3週回って目新しい「タカラヅカ・レトロ」スタイルとして見られるようになったかもしれない。


今回の上演でいいなと思ったのは、作品の冒頭で「マリーとフェルゼンとオスカルの、オペラ座の仮面舞踏会での運命の出会い」の場面をきちんと入れたところですね。


個人的に、「ベルサイユのばら」という作品のアイデンティティを構築する要素を、重要度順に並べると


1オスカル:男装の王妃付き近衛隊隊長(後に衛兵隊隊長)


2マリーアントワネット:フランス王妃


3アンドレ:オスカルの乳母の孫で、オスカルの幼馴染


4フェルゼン:スウェーデン貴族。王妃の愛人。


になると思うの。


紅子:まあ、「1789」とか東宝ミュージカル「マリー・アントワネット」って「ベルサイユのばらのオスカル抜き」みたいな話だよね。


管理人:「ベルサイユのばら」の根幹は、「オスカルとマリーアントワネット編」


オスカルという元王妃付き近衛隊隊長の女性が、


王妃と同じフェルゼンという男性を愛し、


王妃への忠誠と、革命思想への共感に引き裂かれ、


バスティーユ(王政の象徴)への攻撃命令に至る心境の変化がキモ。


でもここは宝塚歌劇団で、オスカルとマリーアントワネットという「女性二人」をタイトルロールにはできない。


ゆえに初演以降、ほぼすべての上演が


「フェルゼン(とマリーアントワネット)編」


「オスカル(とアンドレ)編」


に分離したのだけれど、


フェルゼン編ではオスカルの「王妃様と同じ男性を愛している」タブーがうまく伝わっていない。そもそもフェルゼンを主役にする時点で無理がある。


「オスカル(とアンドレ)編」では、マリーアントワネットが舞台に出てこないから、オスカルが王妃を裏切ることになる苦悩がいまいち伝わらない。


今回の雪組『ベルサイユのばら』-フェルゼン編-では、オスカルのフェルゼンへの想い、オスカルとアンドレの死を知ったフェルゼンの想いについての描写が補われていてよかったと思います。


そして、最近の宝塚の諸作品に登場するようになった、ロベスピエールに象徴される「革命の暗黒面」への視線もある。


脚本・演出の植田紳爾先生が、御年90を超えて、作品を改変(改悪)の一途から「時代に合わせた調整」に舵を切った柔軟性は凄いと思いますわ。


紅子:舞台一面、ピンク、ピンク、ピンク


薔薇、バラ、ばら🌹🌹🌹


管理人:並みの演出家なら、躊躇してもっとスタイリッシュに抑えたくなる欲望を振り切ったピンク&薔薇祭り。


私は、気に入った!

韓国版「ベルサイユのばら」も初日!



日本での『ベルサイユのばら』-フェルゼン編-の開幕に続いて、


韓国でも「ベルサイユのばら」が開幕!



2024 韓国ミュージカル「ベルサイユのばら」
韓国ソウル・忠武アートセンター 大劇場
2024年7月16日(火)~10月13日(日)


キーフレーズは


『泣くな。私は後悔なく生きてきた』


内容は、マリーアントワネットとフェルゼンが登場しない、宝塚版でいうところの「オスカル編」に近いようです。

프로필 촬영 현장 MAKING FILM │ 2024 베르사유의 장미



たぶん韓国版「我が名はオスカル」

[#뮤라스] 옥주현 - '나 오스칼' (4K)ㅣMUSICAL LIVE STAGE in 베르사유의 장미



いやーっ、ホント韓国ミュージカルの俳優さんは歌がうまい!


宝塚版「ベルサイユのばら」はベースに昭和歌謡が確固としてあるので、新曲も昭和調に合わせる必要があるのですが、令和の時代に新規作曲するとこうなるのですね。


字幕生成と自動翻訳によると、歌詞は「エリザベート」の「私だけに」、「アナと雪の女王」の「ありのままで」的なことを歌っているようです。


歌の冒頭で


”生まれ 一度も想像したことがない 頬に すごく 走る おっぱい 震える 両手は 頼る場所です”


と翻訳が出てくるのは…


「ベルサイユのばら」が世に出たころは、現代とジェンダーについての認識は違っていましたからね。


「男として育てられた」「男装の麗人」の当人の性自認がどうであるのか、


オスカルは「女として」フェルゼンやアンドレを愛しているのか、


ひょっとして「男として」フェルゼンやアンドレを愛しているのか。


「どっちでもいい。私は私だ。」という宣言なのか。


韓国版も見てみたくなりました!

香川照之の歌舞伎を見た正直感想「ヤマトタケル」編




『ヤマトタケル』ダイジェスト映像第2弾



大阪松竹座6月公演 スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』ダイジェスト舞台映像


香川照之の父である三代目市川猿之助が、古典歌舞伎とは異なる斬新な演出で歌舞伎界に新風を巻き起こした「スーパー歌舞伎」シリーズの第1作、神話に登場する英雄・ヤマトタケルを主人公とするスペクタクル歌舞伎「ヤマトタケル」。



大阪松竹座で、父・市川中車と息子・市川團子が、父帝と子・ヤマトタケル役で共演するのが話題の舞台を鑑賞してまいりました。



あらすじ


神話で伝えられる「ヤマトタケル」という存在は、大和朝廷が全国に勢力を広げていく過程で、おそらく皇族将軍として戦った複数の皇子たちのエピソードや、各地の英雄伝説を統合して作られたキャラだと考えられています。


古代の日本、大和朝廷の時代。


天皇(中車)には、


先妻の子 


兄・大碓命(オオウスノミコト 團子)
弟・小碓命(オウスノミコト 團子2役)



後妻の子どもたち


がいた。


父は、最近家族の朝食の場に出てこない兄について、弟に


父帝:「弟のお前から、兄さんに食事の席に来るように教え諭しなさい。やさしくな。」


弟が兄を説得に行くと


双子の兄・大碓命(オオウスノミコト):「父は後妻の子どもに皇位を継がせようとして、先妻の子である俺たちをうっとおしく思っている。


「俺は、やられる前に父を殺そうと思っている」


小碓命(オウスノミコト):「兄さん、謀反はやめて!」



小碓命(オウスノミコト)は兄を止めようとしてもみ合いになり、誤って兄を殺してしまう。


次の日、朝食の場


帝:「お兄ちゃんはどうした。」


小碓命(オウスノミコト):「兄を殺し、手足を掴んでもぎ取り、薦(むしろ)に包んで川に投げ棄てました」


父帝:「は!?兄を殺しただと!お前は死刑だ!」


と怒り狂う。


結局、重臣たちの説得により


父帝:「そなたに、大和朝廷に従わない九州の熊襲(くまそ)族の征伐を命じる!平定するまで帰ってくるな!」


実質の死刑宣告にも等しいが、小碓命(オウスノミコト)は単身九州に向かう。


女装して熊襲のボスのタケル兄弟の元に忍びこみ、油断させてだまし討ちに成功。


その勇気を称えた熊襲タケルに、「これからお前がタケルの名を継いでくれ」と遺言され、「ヤマトタケル」を名乗るようになる。


父に認めてもらおうと大和の国に戻ると、休む間もなく次は東日本に征伐に行くよう命令される。


父は、自分に死んでほしいと願っているのだな…


父さん、僕を認めてよ。


父さん、僕を褒めてよ。


ヤマトタケルが、戦いにつぐ戦いの修羅の果てに見た風景は...



感想


感想まとめ:香川照之さん、父親との確執を超えて、素晴らしい息子さんを育てていただいて、ありがとうございます。


香川照之は両親が離婚し、父に会いに行くと


「あなたは息子ではありません。したがって私はあなたの父でもない」


「あなたとは今後、二度と会うことはありません」


と完全に拒絶されたというエピソードを語っています。


恩讐を超えて息子を連れて歌舞伎界入りし、一門のリーダーであったいとこの四代目市川猿之助が大変な事件を起こし、息子・市川團子が「ヤマトタケル」役を引き継ぎました。


香川照之のファミリーヒストリーと、古代の神話とが奇しくも重なり合う。スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」が新作歌舞伎から「家の芸」になるとは、こういうことなのか。


市川團子さんは、まだ若干二十歳。宝塚なら中卒研3での新人公演初主演レベルの若者です。


歌舞伎の「型」を表現する技術など、まだまだ粗削りで発展途上なところはあると思いますが、身体の線が細く清廉な立ち姿で、役の心理の読み込みと表現の工夫には目を見張るものがありました。


物語冒頭に


父から「お兄ちゃんにやさしくしてやれ」と言われて


「やさしくしてきました(兄を殺してバラバラにして川に捨てました)」


と答える場面があります。


現代人の視点から見ると、兄を殺すエピソードは、その人物像や心理を解釈するうえで大変重要な場面だと思うのですが、


スーパー歌舞伎版の演出では、兄と子の対峙の場面が


「市川團子が兄と弟1人2役、早変わりで演じる趣向をお楽しみください」


と、いかにも歌舞伎な演出の趣向が前面に出過ぎて、物語のテーマや人物の心情がちょっと引っ込んでしまうきらいがありました。(この傾向は物語全体に感じられました)


ヤマトタケルは、父の愛を乞い、父の理想の息子になるために邁進する悲劇の英雄か。


兄を殺し、先住民を熊襲や蝦夷と呼び殺戮した、サイコパスの侵略者か。


最近、クリストファー・コロンブスへの評価が「英雄」から「侵略者」へと変わりつつあるようです。


人物には、複数の側面があるのがあたりまえ。


市川團子さんがスーパー歌舞伎版の「ヤマトタケル」で演じた人物像は、セリフ回しなどヒロイックにうたいあげ過ぎないのが良い。


父帝への渇愛と憎しみに引き裂かれる思いや、兄殺しで宿命的に負った罪の意識、大けがをし死を前にして、自身の衰弱にうろたえ、現実を受け入れられない葛藤など、場面場面の心理描写が的確で、観客が自身の体験に引き寄せても納得できるものでした。


179㎝の長身で、手足が長くて舞台の真ん中で映えるスタイル!


ラスト、宙乗りのために白鳥のような羽の衣装で出てきた時は、大階段のトップスターの「出た!」オーラがありました!

行ってきました!株主総会 阪急阪神HDの姿勢は



6月14日に開催された、阪急阪神ホールディングス(HD)定時株主総会に参加しました。


日経新聞 2024年6月14日 電子版記事


総会の冒頭、角会長をはじめ出席する役員全員が陳謝した後、嶋田泰夫社長は「スケジュール過密化や舞台の高度化が進む一方、現場の負担を軽減できる体制ができていなかった」と説明。


興行計画や稽古スケジュールを見直し、劇団員の負担軽減を図るとしたほか、監査の強化などガバナンス整備を再発防止に向けて掲げた。


総会では株主から「ハラスメントの認識が観客や世間とずれている」「経営に女性の視点がない」という意見のほか、「5000円以上あった株価が4100円台まで下落し、株主利益を侵害している」「歌劇団が本拠地を置く宝塚市のイメージダウンにつながる」という批判も上がった。


※記事のラスト

香川県から訪れた40代の女性株主は、「外部目線での改革には一定の評価はできる」としつつも、「十分に意見を吸い上げられるシステムになるかは疑問だ」と語った。


紅子:この”香川県から訪れた40代の女性株主”って…


管理人:私、株主総会後に、日経新聞の記者の方からインタビューを受けました...


紅子:こんちゃんって、実在したのね。


管理人:客席係の紅子ちゃんも、今日の対応は緊張したでしょ。警備も物々しかったし、入り口前にはマスコミが殺到していたし。


紅子:「梅田芸術劇場」というより「阪神甲子園球場の外野席」の客席係をしていたような気分だったわ。


管理人:まあ、株主の9割は鉄道ファンとタイガースファンと宝塚ファンだと雰囲気で察したわ。


報告事項の説明が終わって質疑応答になったとたんに、数十人が挙手して、私も挙手したんだけど指名されなかったのよ。


各社報道記事を読んで受ける印象より、客席は殺伐としていたわねえ...


週刊誌でハラスメントの加害者として報道された劇団員の、実名?や家系などをあげて


「彼女たちを株主総会に呼び出して、謝罪させろ!」


と語気を強めていた方もいたわ。


その発言に賛同?する不規則発言もあってね。


昭和の頃の、総会屋が跋扈する株主総会を思い出したわ。




総会屋などの動向を警戒 兵庫県警「株主総会特別警戒対策室」設置



ほとんどの質問は、宝塚歌劇団のガバナンス体制強化とか、「阪急なにわ筋・新大阪連絡線」計画とか、阪神のノイジー選手、ミエセス選手があまり活躍していない問題とか、


企業の将来について真剣に問うものが多かったです。


紅子:ミエちゃん、がんばれ!


管理人:「駅の構内にツバメが巣を作ったら、なるべく撤去せずあたたかく見守ってほしい」という意見もあったわ。




考えさせられたのは、第1号議案の「剰余金処分の件」について、


「株主への配当が1株につき25円だったのを、1株につき30円に増やす」


ことに異議が出てね。


「代表取締役を選任したのは株主なのだから、企業が起こした不祥事に株主も責任がある。


株主への配当を減らして、その資金を改革に充てていただきたい」


紅子:えっ!


管理人:その意見は、採用されませんでしたけど。


ちょっと考えちゃったなあ。


企業の性質上、株主総会に参加している個人株主のほとんどは、阪急阪神ホールディングスの顧客・消費者でもある。


株主目線で見たら、


「ジェンヌ(社員)のお給料を安くして、そのぶんの利益を株主への配当に回す」


「ジェンヌ(社員)への待遇を改善したので、そのぶん株主への配当を減らす」



どちらの方針がありがたいのかしら。



紅子:ジェンヌ(社員)へのお給料を上げて、株主にも配当を確保していただきたいわね。


管理人:とすると、チケット代を値上げするほか無くない?


チケット代据え置きのために、安い経費のまま公演数を増やし、長時間労働を強いてきたことが今回の悲劇の一因だったのだから。


紅子:東京宝塚劇場は値上げしても客席は埋まるだろうけど、宝塚大劇場とか西の劇場での公演はどうだろう。


管理人:海外ミュージカルとか、土日祝日の公演チケット代を値上げする変動価格制はありだと思ってる。


まとめ


株主総会に参加して、


株式とは「買ったら儲かる!」「高配当!」という視点ばかりで見ないで、その背後にいる消費者(顧客)や労働者や株主の想いにも考えを巡らせなくてはいけないのだなあと思いました。

朝美絢 ギンギラギンにさりげなく雪組次期トップ




朝美絢、雪組次期トップに決定!おめでとうございます!


近藤真彦のヒット曲に「ギンギラギンにさりげなく」という作品があるのですが、



【カラオケ】ギンギラギンにさりげなく / 近藤真彦


※作詞の伊達歩氏とは、実は直木賞作家の伊集院静氏。



子どもの頃から


✨ギンギラギンにさりげない人✨


とはどういう人なのか、いまいちよくわからないまま生きてきました。


この歌には他にも


「覚めたしぐさで 熱く見ろ」



など、昭和生まれの方ならみんな知っているけれど、具体的に説明しろと言われると困ってしまう、「翻訳できない日本のことば」な歌詞のオンパレードなのです。




近年のトップ確約御曹司は、ギンギラギンどころか「超路線で、すみません」なポーズを取るのが処世術。


アンバサダー世代だと、


聖乃、極美…ギンギラギンというよりは、キラキラだなあ。


縣千はギンギラギンなタイプだけど、さりげなくは…ないなあ。




朝美絢の、ゴビ砂漠の太陽のようなギラギラとした野心、上昇志向。


火照る熱量を、オアシスを吹き渡る風のような涼やかな美貌がここちよく冷やし、


観客は安心して「覚めたしぐさで 熱く見る」ことができる。




天国の伊集院静先生、見てください!


あなたが書いた歌詞を具現化した、ギンギラギンなさりげなさが魅力の男役が、


近藤真彦の全盛期から40余年を経て、宝塚歌劇団にトップとして立つのですよ!