宝塚 ライビュ専科の地方民のブログ

宝塚を「好き」という気持ちを因数分解してみたい、という思いで綴っています

朝美フランツ:兄さんその嫁、絶対企んでる

『曙光に咲く、ライラックの花』…なんだけど。


イギリス産業革命の影響を受けて目まぐるしく変化する19世紀初頭、ドイツ。


プロイセン王国のユンカー(騎士領所有の貴族)であり、今も尚騎士道の精神を受け継ぐドロイゼン家。


その広大な領地には、春になるとライラックの花が咲き乱れている。


ドロイゼン家の長兄ハインドリヒ・フォン・ドロイゼンは、金融王ロートシルト家(世界的富豪ロスチャイルド家)を築いた5人兄弟のように、ドロイゼン家の5人兄弟も一丸となって、新しい産業である鉄道産業を発展させることを夢見ていた。


ある日ハインドリヒは、音大生の末弟ヨーゼフから、音楽家志望のエリーゼを紹介される。


勝気で利口なエリーゼと些細なことで衝突しながらも、二人は次第に惹かれ合っていく。さらに、エリーゼの幼友達・鉄工職人のアントンとの出会いによって、ドロイゼン家による鉄道事業の歯車がまわり始める。


鉄道産業の設立こそ、ドイツ諸邦の発展と統一に繋がると信じるハインドリヒ。


それは、5人兄弟が力を合わせることによって事業を成し遂げようとする姿とも重なっていく。


兄を尊敬しながらも反論する官僚の次男フランツ、三男ゲオルグより告げられた亡き父親の噂、融資銀行の思惑や国からの圧力等、様々な問題がハインドリヒにのしかかる。


しかし、それらを乗り越える時には、いつも兄弟の力があり、エリーゼの愛があった。


雪組新トップコンビ、彩風咲奈と夢白あやの大劇場お披露目公演としてお届けする、浪漫溢れる物語。   

Lilac(ライラック)の夢路』


この懐かしい、イタリック体のお花の装飾の斜め英字フォント、


画面のライラックの散らし方…


昭和の少女マンガというか、レディコミというか、


昼メロ『ライラックの嵐』とか『黒い恋人』っぽさが・・・


(昼メロ:昼のメロドラマのこと。波乱に富む感傷的な通俗恋愛劇。感情の起伏が激しい愛憎劇。)



このポスター、当然謝先生が監修されているのでしょうし、あえて昭和のノスタルジックな雰囲気を狙っているのでしょう。


そりゃあ、私だって、宝塚とは、昭和の昼メロとか、レディコミとか、少女マンガのベタなメロドラマを大っぴらに堪能できるのが魅力だと思っていますよ。


たとえば、


『好きだ』という言葉をLINEではなく、嵐の中、ずぶぬれで走ってきて扉をドンドンとたたきながら


『好きだー』



って叫ぶようなシチュエーションに


『キターーーー!(^^)!』



大好物です。



でも、あんまりど真ん中ストレートに


謝先生:宝塚ファンの皆さま、こういうのお好きでしょ。


と直球を投げられますとですね。



思春期の隠れヅカファンの中学生女子が、


クラスの男子:「お前、宝塚とか好きなの?」


と、別に他意無く言われただけなんだけど、


「べ、別に。あんなお花畑ぽいの好きじゃない。」


って、心の中で若き日の菅原道真の三白眼で睨み返したくなったあの時の、体の奥が、かあっと火照った記憶が蘇りましたわ。


花總まりがエリザベートにサヨナラした日




『エリザベート』2022年プロモーション映像


超個人的『エリザベート』と私


花總まりがシシィ役にサヨナラした日、


『エリザベート』博多座大千穐楽公演1月31日(火) 12:00公演を、見逃し配信にて視聴しました。


配役は、


エリザベート役:花總まり 
トート役:古川雄大 
フランツ・ヨーゼフ役:田代万里生
 ルドルフ役:甲斐翔真 
ゾフィー役:剣幸 
ルキーニ役:黒羽麻璃央


私が宝塚を初めて生観劇したのは、1996年のこと。


『エリザベート』初演の宝塚大劇場公演と東京宝塚劇場の間に行われた、地方公演『あかねさす紫の花』でした。


幕開けに万葉の野原に走り出てきた額田王を見て衝撃を受け、当時発売された『エリザベート』のビデオテープを購入し、テープを巻き戻し、巻き戻し、文字通りテープが擦り切れて絡んで視聴できなくなるまで見た記憶があります。



あれから27年。1996年当時、木登りしているシシィとほぼ同年代であった私は、進学、就職、結婚し、息子の教育に悩む母親となりました。


その間に、トート閣下は祖母を、祖父を、義母を、実父を連れて行ってしまい、


私も一時危うくトート閣下と踊りかけ、医学の力で引き戻していただき、献血できるようになるまで回復し、ぼちぼちと生きております。


そして、宝塚版『エリザベート』初演キャストである、一路真輝、 花總まり 、高嶺ふぶき、 轟悠、 香寿たつき、和央ようか、安蘭けい…


皆様ご健在ですが、宝塚退団後それぞれ人生の荒波を渡り、もう芸能活動の一線からは距離を置かれている方もいらっしゃいます。



ー思えば遠くへ来たものだ。ー



つまり私の宝塚ファン歴は、日本における『エリザベート』上演の歴史とほぼ重なっているのです。


『エリザベート』が再演されるたび、私も少しづつ歳をとり、作品への想いもだんだんと変化して行きました。


ウイーン版『エリザベート』は、トートは元々主役ではなく、宝塚版『風と共に去りぬ』における「スカーレットII」のような「シシィII」的な位置づけだったようです。


宝塚でトップ男役を主演に位置付けるために「愛と死の輪舞」の物語に潤色したゆえに、シシィとトートの関係の展開がストレートに読み解けない”歪み”や“ねじれ”が生じ、


”歪み”や“ねじれ”ゆえに、演じるたびに、観劇するたびに、すこしづつ受け止め方が変わっていく魅力が、作品を育ててきました。




私が初演をビデオテープで見た頃は、


シシィ:誰よりも自由を追い求め、束縛を嫌い、それゆえに死に惹かれていく一人の女性。


トート:シシィの自己愛と希死念慮が擬人化した美しき死神。



で、「シシィ負けるながんばれ!」であったのが、



公演をライブビューイングや配信で視聴する時代になると


「シシィ、親としても社会人としても失格だわ。ゾフィーの言うことがごもっとも。」


になってきました💦


そして、ついに、


予感していたとはいえ、私を宝塚に誘った花總まりが、シシィ役にサヨナラする日が来てしまった。


なぜ今まで配信視聴を先延ばししていたかと申しますと、忙しいとか、用事があったとかよりも、



”いやなんです。

あなたのいってしまうのが――”



という思いになりそうで・・・



いざ配信視聴した感想は、「花總まりがシシィに笑顔でサヨナラできて、よかった」


いやー、花總まりがシシィに笑顔でサヨナラできて、よかった。


花總まりさんは憑依型の演者だと思いますが、ことにシシィについては初演の頃から、


「すごい演技だった!」


というより


「ああ、ここにシシィがいた!」


という『メソッド演技』的な在り方でいらっしゃった印象です。



ミュージカル女優にとって、『エリザベート』のシシィ役のオファーがあることは、大変喜ばしいことだと思いますが、


孤独で奇矯なシシィが”似合い過ぎる”ことは、一人の女性として喜ばしいことなのか。



史実のエリザベートって、公務をせず、わあわあ言って取り戻した息子をほったらかし、


1日にタマゴを3個とオレンジ2つしか召し上がらず器械体操に励んで、1日に8時間散歩して驚異のウエスト50センチの維持に励み、


各国大使に「国一番の美人の写真を送れ」と命じて、25,000枚の美女の写真と、どちらがきれいか比べていたんですよ。


スイス銀行に公金をへそくりして、税金で別荘を建てさせたんですよ。


日本の皇室の方がそんなことしたら、どう思います?


気性が激しく、風変りで、突飛で、エキセントリックこのうえない。


「宮廷のルールが煩わしいから」とか「夫が浮気したから」とか理由があって放浪したというより、


シシィはルールの緩い貴族の家に嫁いでも、夫が浮気せず真面目で一途でも、相当に「生きづらさ」を抱えたままトート閣下とワルツを踊ったのでは。


(今回の東宝版の舞台でも、「精神病院」の場面を「夫の浮気」エピソードの前に置き、彼女の魂の流浪は夫の浮気だけが原因ではなさそうな演出にしています。)


花總まりさんの人生について、宝塚退団後、東宝から何度もエリザベート役をオファーされても、頑なに固辞し続けたなど、漏れ聞くエピソードを思うと、


彼女は、エキセントリックなシシィにテクニックで「なり切る」というより、


『エリザベート』劇中でシシィに生じる感情や状況について、彼女自身の経験やかつておかれた状況を擬似的に追体験していたのでは、と感じることがあります。



花總まりは宝塚、東宝を通じて500回近く、観客の前でシシィとして生きました。


初演の雪組版と比べれば、絶叫しがちだった歌唱表現は格段にまろやかになり、


第1幕の、16歳の初々しい蕾から、鏡の間での、盛りの開花の艶やかさ。


第2幕の、花の盛りは短いが、植物本体の寿命は短くもなくて、花の盛りを懸命に引き延ばしつつも、実が結実するまえに落果した無残、


ラストは「死との愛の成就」というより、美を誇った自身の「老い」と「死」の受容のプロセスをも、


己の肉体に霊を降ろしたイタコのように、19世紀に生きた一人の女性の人生をその身に降ろし続けた。


観客の前で自己の内面を掘り下げ続けた旅は、彼女自身の精神に相当な負荷をかけ続けたのではないでしょうか。



花總まりがラスト、ルキーニに抵抗もせず刺され、あの日の額田のような16歳の少女に戻り、


カーテンコールで


「私のシシィとの旅は終わりました。シシィ、ばいばーい。」とおっしゃった瞬間の映像を拝見して、


「花總まりはプライベートでも落ち着いて、幸せな人生を過ごしていらっしゃるのだろうな。」


「シシィのような孤独な人生でなさそうで、よかった。」


と心底思いました。



応天門は燃えているか&鳳月さんのメイクにあれ?




『応天の門』宝塚大劇場初日、おめでとうございます!



各新聞社から、舞台評と舞台写真が続々と投稿されております!






宝塚の舞台『応天の門』で、応天門は燃えているのでしょうか。


新聞報道で言及されていないということは、まだ燃えていないのでしょうか。




連載中の原作でも、応天門はまだ燃えていないので、宝塚の舞台版で応天門を燃やす展開にはしづらいのでしょうが、


90分で完結する舞台作品で、著名な歴史的事件を想起させるタイトルなのに、応天門が燃えない展開なのはどうなのでしょう(原作マンガは続きもの作品なのでよいのですが。)


いっそ


『百鬼夜行ー若き日の菅原道真の事ー』
原作/灰原 薬「応天の門」(新潮社バンチコミックス刊)


といったタイトルにしたほうが、マンガ原作に詳しくないお客さんにも親切だったのでは?




そして、どの舞台写真も、麗しいこと!


舞台演劇で、ポスターの画像と、報道機関が舞台稽古の模様をパシャパシャ撮影した画像では、若干印象が違うこともありますが💦


月城さん、どの写真でも、原作のティーンエイジャー道真の、世の中を斜めから眺めている三白眼を、紙面そのまま舞台に再現されていらっしゃいますよ!


今まで見たどの2.5次元舞台よりも、2.5次元の存在として舞台に立っていらっしゃる!



海乃さんの唐渡りの品を扱う勝気な女店主・昭姫(しょうき)も、画像だけで姉御肌な口調が聴こえてきます。



・・・鳳月さんの、メイクが、うーん。


あくまで新聞社の報道写真を拝見する限りの印象ですが、


とても美しいのですよ。


ポスターの、酸いも甘いもかみ分けた大人のオトコの色香というよりは、


「外部の女優さんが、宝塚の男役に挑戦!」みたいな写り方になっている気がします。


色男のメイクを模索中なのか、照明とカメラの角度の関係なのか。


報道各社さん、鳳月さんがもっと男役らしくカッコイイ角度で映っている写真をチョイスしてくださいな。



柚香6作退団回避 ! で、『エリザベート』やるの?



あ、月組大劇場公演期間のカフェテリア「フルール」のスイーツ!




公演デザート 月の夜う羹(ようかん) 400円


ヴィオレランチ~TSUKI~「”横転”モンブラン」


ああ、懐かしい。コロナ禍前の東京宝塚劇場の名物?駄洒落スイーツのネーミングのかほりが戻って来た。




香川県在住で東京宝塚劇場には縁のない管理人ですが、あのネーミングは毎回楽しみにしていたのです。


コロナ禍になってしばらくの間は『あら、酢足した?』とか勝手に駄洒落ネーミングを考えていたのですが、難しすぎてリタイヤしました。


今なら・・・ボンド、イギリス・・・



『果実のロイヤルミルクティー 我が名はポンド』



・・・ごめんなさい。



コロナが5類になったら、東京宝塚劇場の駄洒落スイーツも復活しないかなあ、と思っていたところでした。来たるべき日に備えて、ネーミング担当さんが復帰されたのでしょうか?




さて、本題。


次回花組大劇場公演『鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん)』『GRAND MIRAGE!』の前楽である8月12日(土)15:30開演は、三井住友カードと宝塚友の会の共同開催と発表されました。


もしも本作で柚香さんが退団なら、前楽に貸切公演は入れないだろう、と思うので、


柚香さんの大劇場公演6作退団は、おそらく無いのでしょう。


では、『鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん)』『GRAND MIRAGE!』の次の作品は?


星風さんの花組への組替えが発表されてから、皆が首を長くして待っている?『エリザベート』がついに宝塚に帰ってくる?


星風まどか、ここでシシィを演じて、退団後は東宝『エリザベート』ヒロイン?



・・・うーん。個人的には、今ごろ大劇場で『うたかたの恋』を再演したのは、ひょっとしたら本来は柚香トート、星風シシィで『エリザベート』を演じる予定であったが、


長引くコロナ禍により、版権の高そうな海外ミュージカルが休演になるリスクを懸念し、登場人物が被る『うたかたの恋』を『エリザベート』の外伝的な演出にしたのかもしれないと思っています。


さすがに5作目に『うたかたの恋』、1作おいて『エリザベート』は、おなかいっぱい・・・


それに、地母神的な母性すら感じる星風さんには、流浪の孤独な皇妃のキャラはあんまり似合わないように思います。



じゃあ、何が見たいと言われると・・・


柚香さんが2022年度版の「宝塚おとめ」に書いている「演じてみたい役」が


「シンプルな衣装で裸足でデュエット」


ショーでは、シンプルな衣装で裸足でデュエットのシーンを演じていますが、柚香さんのお芝居で、ダンサーの役を見たいなあ。うーんと耽美なもの。



たとえば、20世紀初頭に活躍した伝説のバレエ・ダンサー、ヴァーツラフ・ニジンスキーが主人公の、


豊かすぎる美貌と才能が、一人の男にもたらした栄光と破滅をドラマティックに描く作品とか。


が、


2011年にバウホール公演で、雪組早霧せいな、愛加あゆ 主演、作・演出原田諒で


『ニジンスキー-奇跡の舞神-』


という作品が上演されているんですよねえ。



バレエ映画で有名なのは、冷戦時代、アメリカに亡命したソ連出身のダンサーが乗った飛行機が、よりによってソ連に不時着して拘束され、ソ連に留まった昔の恋人と再会して・・・


と波乱万丈なダンサーが主人公の『ホワイトナイツ/白夜』



ホワイトナイツ/白夜 (1985) 予告編


ただ、今、「ソ連が舞台の映画」原作もねえ・・・



ほしのこえが聴こえる『Stella Voice』ポスター

『Stella Voice』ポスター発表!


星組


98期  
天華 えま


100期  
二條 華


102期  
紅咲 梨乃
鳳真 斗愛


103期  
紘希 柚葉
羽玲 有華
星咲 希


104期  
碧音 斗和
世晴 あさ


105期  
稀惺 かずと
大希 颯
瞳 きらり
彩紋 ねお


107期
碧羽 陽
世奈 未蘭
詩花 すず 
藍羽 ひより


この学年で、みんなポスターインしちゃったよ!


17の、ひとつひとつの星の声がきこえるよ!




いいなあ。


『蒼穹の昴』の昴とは、おうし座のプレアデス星団という、生まれたばかりの若い星たちの集まりです。


太陽は、約46億歳のオッサン星ですが、


プレアデス星団は、生まれてから約6千万-1億年しかたっていない若い星たちがぎゅっと集まっていて、青い煌めきを放っているそうです。


この昴の輝きを見たくて、みんなバウや新人公演のチケットを探して彷徨うんだよ。


バウチケットは瞬殺でしょう。配信はいつかなあ。


最近、バウ公演の千秋楽が日曜日に設定されていて、


『Stella Voice』千秋楽が4月9日(日)


日曜日の配信を期待してよいのでしょうか?(日曜日に予定がある方のために、見逃し配信を、当日24時まででもいいので、実施してください劇団様)