宝塚 ライビュ専科の地方民のブログ

宝塚を「好き」という気持ちを因数分解してみたい、という思いで綴っています

これは、スキャンダルだ



抱き合いながらも、別の方向を向く顔とか、ルドルフとマリーが薔薇を持つ手とか、


ハプスブルク家の双頭の鷲の紋章の構図をちょっと意識している構図かな?





もしも、現代で、


妻子ある皇太子が、16歳の少女を射殺後、自殺したら・・・



最近のやんごとなき方々のあれこれが可愛く思えるほどの、皇室の存続に関わる大スキャンダルでしょう。


欧州一の名門、ハプスブルク家の皇太子のスキャンダルは、世界中に知れ渡りました。


かのコナン・ドイルのホームズシリーズは、発表順で言うと第3作にあたる『ボヘミアの醜聞』(ホームズが「あの女」と呼ぶアイリーンが出てくる作品。原題:"A Scandal in Bohemia")で爆発的にヒットしました。



なにせこのタイトル。


ルドルフの悲劇は1889年、『ボヘミアの醜聞』の雑誌掲載は1891年ですから、


当時の読者の「ボヘミア王でもあるハプスブルク家のスキャンダルに関する本かしら?」という好奇心を煽ったことも、作品のヒットの一因だと思います。


その後も、なんとオードリーヘップバーンがマリーを演じたTVドラマが製作されたり、




映画『マイヤーリング』予告編


バレエになったり、

「うたかたの恋」(ケネス・マクミラン振付/エドワード・ワトソン/マーラ・ガレアッツィ/ロイヤル・バレエ団)【高画質】【バレエDVD/Blu-ray「うたかたの恋」トレイラー】


まとめ:みんな、やんごとなき方のスキャンダルが大好物


ルドルフとマリーの死から、もう130余年。


宝塚版の「うたかたの恋」も、1983年の初演から2023年で40年。


いつしか、宝塚の大劇場本公演で上演される演目は、イマドキの2.5次元やLDHコラボが主流となり、


「うたかたの恋」は、全国ツアー用の演目になりました。


地方の、宝塚を見るのは初めて、という方も、普段はTVドラマとか配信の韓流ドラマとかを見ているわけで、


物語を享受する感性が、都市部の方と地方の方で大きく時差がある、というわけでもないと思います。


そんな地方の宝塚初体験のファンが、「うたかたの恋」を見て、


「古きよきスタイルの話」


と思ってくださるか、


「古臭い話」


と思われるか。


正直、微妙になってきたのではないでしょうか。


「うたかたの恋」も、何度も再演されるうちに、「偉大な古典」枠になり、


歌舞伎みたいに


「偉大な古典戯曲に、現代の男役が挑みます!」


となってきて、ルドルフとマリーの情死のスキャンダラスな衝撃は、薄れてきた・・・かも。


初演から40年を経て、新演出で蘇る「うたかたの恋」成功のカギは、


「ルドルフとマリーが生きて死んだ1889年当時の人が、2人の情死を伝える新聞の号外を見た時の驚き」を2023年に追体験させることができるかどうか?


だと思います。


この先行画像には、その驚きがある。

弁髪回避!朝美いきなり最高難度の京劇に挑戦?「蒼穹の昴」初日

『蒼穹の昴』初日おめでとうございます!





「蒼穹の昴」宝塚大劇場初日無事開幕、おめでとうございます!


個人的な懸念事項であった


・宝塚の舞台で弁髪に挑むのか問題




・劇中の京劇何するの?立役?女方?問題




報道各社の記事を調べてみた結果、


















SNSなどの情報も元にチェックした結果、


・弁髪回避?帽子をとっても前髪がある!


・朝美、京劇に挑戦の演目は「挑滑車」という、高度なレベルの俳優しか演じる事の出来ない武劇に挑戦?



京剧《挑滑车》 【中国京剧音配像精萃 20160616】




DVD 京劇名作選Ⅱ 挑滑車



この本の内容

「挑滑車」は、立ち回りを主にする演目の中でも特に重い鎧を身につけ、大刀を振るう勇壮な作品です。


 時は南宋。将軍岳飛の宋軍は、牛頭山で金軍と対決します。


宋軍が次々と敗れる中、岳飛の幕下高籠は、一人果敢に敵に挑みます。滑車を使って攻める金軍に、槍で対抗する高飛でしたが、ついに力尽きます。


 高度なレベルの俳優しか演じる事の出来ない武劇をお楽しみください。(解説より)


ここでいう「滑車」とは古代の戦車のことで、


遥かの草原から、数え切れぬ戦車が群れをなして一直線に、絶壁の上に立っている主人公の元に向かってくる!


主人公は、戦車を槍で次から次へと谷底に突き落とし、


しかしとうとう精根が尽きて、手がコンニャクのように弱って、ついに絶壁の上に倒れてしまう。


という故事に基づいた演目だそうです。


朝美さん、京劇初挑戦で、高度なレベルの俳優しか演じる事の出来ない武劇に挑戦!


これって、


フィギュアスケートを習いだした子が、いきなりトリプルアクセルに挑むようなスパルタ特訓だったのでは!



潤花を継ぐ者は星空美咲ではない3つの理由




潤花の最大のアドバンテージは芸名だと思う



潤う花と書いて『潤花』。


彼女の最大の武器は、字面と華やかな芸風がぴったりと馴染み、出身地が北海道の旭川と聞けば、雪解けに咲く高山植物の可憐なお花畑が目に浮かぶ、この芸名だと思います。


旭川にある名峰「大雪山」、もとはアイヌ語で「ヌタクカムウシュペ(川が巡る上の山)」と呼ばれ、石狩・十勝 の 2大河川 がこの山を源に、北の大地を潤しています。


標高2,291mの旭岳は、大雪山連峰の主峰で北海道最高峰!



雄大な旭岳のような真風氏がドーンとそびえる麓で、短い夏に命を凝縮して輝く高山植物のような潤花が咲き誇る。



【速報】旭岳、純白のじゅうたんに 北海道、チングルマが見頃



芸名からして、2人のカップリングの奇跡は、なるべくしてなったとしか思えません。


潤花さん、退団後は、夢咲ねねさん的な、フランス映画のような成熟した気品を魅せる女優さんとして輝けるのではないでしょうか。


(外部でグレート・ギャッビーのディジーをやるなら、潤花さんで見たい。芸名もぴったりですし)




潤花を継ぐ者は星空さんではないと思う3つの理由


そして、宙組トップを継ぐ方は芹香さんとして、潤花を継ぐ者はだれ?


組内で順当に昇格なら、経験豊富な100期の天彩峰里さんでしょうか。


105期の山吹ひばりさんは、まだ育成中。


個人的には、「NEVER SAY GOODBYE」で新人公演初ヒロイン、続く「カルト・ワイン」(東京建物 Brillia HALL・ドラマシティ公演)で、東上公演のヒロインポジをとった102期の春乃さくらさんが気になるのですが・・・



もしも、宙組以外から組替えで誰か来る場合、


一番育成が進んでいるのは、花組の105期星空美咲さんでしょうか。


個人的に思う、潤花を継ぐ者は星空美咲ではない3つの理由


理由1 星空さんが「うたかたの恋」に出演したら、「カジノ・ロワイヤル」に合流できない。潤花さんの後継者とするプランがあったなら、「巡礼の年」後に組替え、あるいは組替え発表していたと思う。


理由2 星空さんはこれまで「銀ちゃんの恋」「冬霞の巴里」と実質ヒロイン役を演じるも、いわゆる「破線上ヒロイン」ではなかった。


コロナ禍による休演で、新人公演や本公演での経験が削られていることもあり、もう少し経験を積ませる予定なのでは?



ガラに無く、もっともらしいことを書いてみましたが、結局言いたいのは



理由3 星空さんの「星空に美しく乱れ咲く、夜桜お七」キャラでは、芹香さんの渾身のボケにどう返していいかわからずスルーして、芹香さんマジでへこみそう。



はいだしょうこ「夜桜お七」 坂本冬美(フル)〈公式〉



関東出身の子に、組替え落下傘で、いきなり芹香さんの渾身のボケに切り返してツッコめ!って、


初めてセリフをもらったお役がバウヒロイン、よりキッついわー。


バラを摘め「今を生きる」真風の退団会見




真風涼帆の支えになった言葉「今を生きる」”seize the day”




 

17年11月のトップ就任後、退団は「トップはいつか終わりがあるもの。つねに時期は意識し、劇団とも相談しておりました」と言い、「2022年を目標に歩んできた」と語った。


2022年に特別な思い入れがあったわけではなく、退団を決意した具体的な作品なども「とくになかった」と言うが、トップ就任した際の覚悟として、ゴールを想定してきた。



真風さんのトップ任期は、相手役スライドとか、休演明けのシャーロック・ホームズの「(仮)」タイトルとか、コンサートが立て続けに2回とか、


いろいろイレギュラーなスケジュールだなあと思っていましたが、


2017年11月にトップ就任して、最初は2022年を目標にされていたのですね。


最初から丸5年はトップに就任する長期計画で、


やっぱり、コロナ禍やLDHとのコラボの事情等により、退団時期が、本来の2022年中から2023年6月に延びたのですね。


「長い宝塚人生、途中で立ち止まって逃げ出したくなることもあった。でも、立ち向かおうと思えたのは、応援してくださるみなさまがついてきてくださったから。(ファンや仲間に)何度も救われ、導いていただき、感謝の思いでいっぱいです」


 支えになった言葉は「今を生きる」をあげ、その理由は「どなたからの言葉かは、私の宝物なので」と明かさなかったが、多くの支えに報いるための男役道でもあった。


真風さん、「専科に移籍では?」というファンの声もありましたね。


個人的には、真風さんのグッズ第1弾に書かれていた言葉


”seize the day”(その日を摘め)


真風さんがこの言葉に込めた思いは、「メメント・モリ」、


宝塚で言えば


”退団を思え”


の日々だったのでは、思っています。



その日を摘め(そのひをつめ、ラテン語: Carpe diem、カルペ・ディエム)は、紀元前1世紀の古代ローマの詩人ホラティウスの詩に登場する語句。


「一日の花を摘め」、「一日を摘め」などとも訳される。


また英語では「seize the day」(その日をつかめ/この日をつかめ)とも訳される。


ホラティウスは「今日という日の花を摘め」というこの部分で、「今この瞬間を楽しめ」「今という時を大切に使え」と言おうとしている。


”seize the day”(その日を摘め)ラテン語: Carpe diem、カルペ・ディエム)


元は2,000年以上前から伝わる、由緒ある言葉だったのですね!





〈カルペ・ディエムcarpe diem〉(時をとらえよ。楽しめるうちに楽しめ)のモットーは,


詩的表現としては〈カルペ・ロサスcarpe rosas〉(バラを摘め)


〈カルペ・ロサスcarpe rosas〉(バラを摘め)


真風さん、あなた、男役人生で、どれだけのバラを摘んだのですか?(笑)。


映画館の暗闇で、あなたに摘まれた時の、甘美な痛み。


作品ごとに、ショーの場面ごとに、あなたに摘まれたときの手触りと共に、ずっと覚えています。


真風涼帆を称えて



そうかぁ 真風さん、潤花さん退団かぁ。


今出先で、帰るのは夜中なので、


今の気持ちを


男役 真風涼帆の芸の凄さは、「偉大な通俗」を貫いたところだと思います。


演技力、歌唱力、ダンス力、昨今の宝塚のトップさんには、何か一つは外部の舞台俳優にも遜色ない芸があります。


真風氏の芸の魅力は、富士山のような偉大な通俗性。


富士山って、有名過ぎて、綺麗過ぎて、改めて魅力を語ろうとすると、かえってつかみどころがなくて、


富士山はただ、悔しいほど悠々と、偉大な通俗を引き受けて存在している。


大英帝国を引き受けて立っていた、かのクイーンのように、


男役という実在する虚構を引き受けて立つ、あの姿。


今はただ、ありがとう。