宝塚 ライビュ専科の地方民のブログ

宝塚を「好き」という気持ちを因数分解してみたい、という思いで綴っています

雪組『39 Steps』感想



雪組公演 バウ・ヴォードヴィル 『39 Steps』を配信で視聴いたしました。


うーん・・・


原作としてクレジットされているジョン・バカン「三十九階段」は、戦前のヒッチコック監督版をはじめ何度も映像化され、最近もベネディクト・カンバーバッチ主演でTVドラマ化された人気作なのです。


田渕大輔バージョン『39 Steps』は、


・キャラのセリフに「相手の発言を受けて、そのキャラが考えたことを話している」感が薄い。お互いがあさっての方向にボールを投げてプレイが成立しない野球を見ても、観客はつまんないよね。


・1時間5分の枠しかないのに、伏線はあまり回収されず、本筋と関係ないシーンが多い。(お色気修道女とか何だったんだろう)


・本物のスパイが「実は私はスパイではありません。あいつこそスパイ」とか言うのだろうか。コントか?



ヒッチコック監督の映画版では、1時間20分の枠で


・イギリスとドイツが戦争に突入する寸前の、1914年初頭のロンドンの事情


・ドイツのスパイたちが追っている機密情報は「イギリスの最先端の戦闘機のスペック」である。


・ラスト、機密の軍事情報は「図面」とか「文書」でなく、「驚異的な記憶力を誇る男の脳内にあった」というオチ。


がすっきりとまとめられていたんですよ。



田渕先生ねえ、


何を考えているのかよくわからない男が主人公で、


よくわからない男がよくわからない組織に殺されて、


キーアイテムの黒革の手帳にある暗号の謎も結局ほったらかしで、


・・・



宝塚のバウホール公演だからといって、「こんな脚本でも客は来る」では、ジェンヌの技量とファンの寛容に甘えていると言われかねませんよ。

花組新人公演「アルカンシェル」正直感想




花組 東京宝塚劇場公演『アルカンシェル』の新人公演を配信で視聴いたしました。


2幕もの作品を1時間45分ほどに圧縮し、華やかなレビューシーンは冒頭以外ほぼカット。


華やかさは大幅に減り、宝塚歌劇というより、


終戦ドラマ特集【戦時下の浅草レビュー小屋で生きた人たちの物語ーそれでも私は舞台に立った】


のような雰囲気になりましたね。


主役のマルセル・ドーランという役は、つくづく柚香光の魅力を生かした「あてがき」で、新人公演主役の天城れいんは大きな学びがあったことと思います。


柚香光は、ダンスのたび、エスコートのたび、ティーカップを持とうが、殴られようが、背景に花が咲いて空間を埋め、もの言いたげな瞳が想像を掻き立てる。


饒舌なセリフのやりとりで緻密に心情を表現するより、セリフの余白に香る情緒が魅力の男役。


今回の新人公演上演台本では、ダンスシーンと「余韻たっぷりの見つめ合い」が時間の都合で削られてしまい、マルセルは本役よりもさらに「寡黙な男」のキャラに。


「余白の余韻」を埋めきれず、ちょっと「空白」を感じるところもありましたが、パリ爆破阻止の場で、カトリーヌ奪還作戦のためにフリードリッヒが背負ったものを知った時の表情など魅力的でした。


天城れいんの個性に合わせて、新人公演用にもう少し心情表現のセリフを補ってもよかったかもしれません。




新人公演版「アルカンシェル」の【終戦ドラマ特集】化と申しましたが、ドイツ軍検閲官のフリードリッヒとアネットのカップルの描写に「令和」を感じました。


昭和の時代、観客席に「戦争を知る大人達」が大勢いらした頃は、ドイツの軍人でありながら上官命令の裏をかいてマルセルに協力するフリードリッヒと、敵国の軍人と恋に落ちるアネットには、次期トップコンビではなく別格コンビを配役していたのではないでしょうか。


本公演のフリードリッヒ(永久輝 せあ)とアネット(星空 美咲)コンビは、昭和の終戦ドラマにありそうな「売国行為をしている背徳感」がじっとりと滲んでいる。


新人公演のフリードリッヒ(遼 美来)は「お国のため」に自身の正義を曲げたくない信念があり、アネット(花海 凛)は、てらいなく真っすぐにフリードリッヒを見つめる。


「戦争を知らない孫たち、ひ孫たち」世代が演じる戦争ドラマで、国境で分断できない個人間の愛を表現するカップルとして、これもありかなと思いました。

ご無沙汰しております





ご無沙汰しております。


現在、諸事情によりリハビリ中です。


まあ、だいぶ気力・体力とも回復しておりまして、今日は家族で劇場版『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)』を鑑賞しました。


今日の記事は、ひょっとしたら、月組『Eternal Voice 消え残る想い』(暗号解読によって処刑された女王メアリー・スチュアートが登場)にもちょっとつながるかもしれない、「暗号」ネタです。





劇場版『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)』公開直前PV【4月12日(金)公開】


あらすじ


舞台は函館、五稜郭。


見た目は子ども、頭脳は大人、名探偵コナンが追うのは、土方歳三が一夜だけ使ったと伝わる日本刀。


日本刀には、第二次世界大戦末期、敗色濃厚だった日本軍の戦況を一変させるほどの威力を持った「お宝」に繋がる暗号が隠されているらしい...


コナンそっくりの顔をした「怪盗キッド」、「西の高校生探偵」服部平治らも加わり、”天下分け目のお宝争奪バトルミステリー”の幕があがる!





ネタバレ感想





正直、ストーリーは大人が見ると「怪盗キッド」が次々変装して神出鬼没、ピンチになればグライダーで空を飛んであっさり逃げるわ、仲間を助けるわと、キャラのチートっぷりが凄い。


TVの刑事ドラマにドラえもんが出てきて、秘密道具で謎を解決するような、なんでもあり展開でいまいち乗れず。



でも、コナンシリーズは、劇中で繰り広げられる


「学習アニメ コナンが解説する○○の秘密」


要素が面白いのです。


「日本軍の起死回生のお宝」のオチをネタバレしますと…


個人的な予想は


和製「オッペンハイマー」的な、日本の核兵器開発秘話?


日本軍のお宝の地図には「国内に核兵器に使用可能なウラン資源の鉱床」が記されていた!


オチかと思っていたのですが、




日本軍が開発した、当時は世界最先端の機能を備えていたであろう暗号解読機を発見!
(でも今では使い物にならない)


でした。


正塚晴彦先生の作品でいくつかあったパターンのオチですね。



劇中では、


「元の文章を暗号に変換する秘密の表記法」



「解読のキーとなる秘密の鍵」


など暗号についての基本が、コナンたちの推理という形で解説され、勉強になりました。


日本軍の「お宝」は、ドイツ軍が使用していた「エニグマ」という暗号システムを改良して使用していたという設定でした。


「アルカンシェル」で、ドイツ軍人のフリードリッヒ・アドラー(永久輝 せあ)が通信に使っていたアレですね。


調べてみると、ドイツの「エニグマ」の暗号は、大戦中にイギリスの天才数学者アラン・チューリングらの活躍により解読されていたそうです。



チューリングは、その後も初期のコンピューター開発の黎明期に重大な役割を果たした方なのですが、


同性愛者であることを告発され、逮捕。(そういう時代だった)


仕事を解雇され、屈辱的な女性ホルモン注射を命じられる。


1954年6月8日、自宅で青酸カリを塗ったリンゴをかじって自殺。



月日は流れ、


1976年、アップル社が「かじったリンゴ」のロゴを発表する。



紅子:あのロゴは、「アダムとイブが食べて楽園を追放された知恵の実=コンピュータ」という意味だと思ってた。


管理人:故スティーブ・ジョブズ氏は、ロゴの意味について解説しないまま亡くなったそうなので、真相は不明らしいけどね。


紅子:ひょっとしたら、例のロゴには、コンピューターの黎明期に活躍した不遇の天才へのオマージュが秘められていた?


柚香光サヨナラショーを見た



花組公演『アルカンシェル』の、宝塚大劇場千秋楽のライブ配信を視聴いたしました。


いやーっ、柚香光は、大日本帝国のカーキ色の陸軍の軍服を着て、なんであんなにカッコイイのか。



『アルカンシェル』の舞台には、ヒューゴ・ボスがデザインした、ナチス時代のドイツの軍服を着たジェンヌたちが闊歩しておりました。


ヒューゴ・ボスによる軍服のデザインについて、軽々しく発言することは差し控えさせていただきますが・・・


ヒトラーは、外観がどれだけ心情に影響するか理解してたんだろうな。


大日本帝国の軍服、特に陸軍の、カーキ色の「アレ」と比べたら、雲泥の差ですよねえ。


あのカーキ色は中国東北部の大地での戦闘に対応した保護色で、動きやすさ重視でだぼっとして、スマートさとかデザイン性とかをほとんど考えていない服装だと思うのですが、


ほんと、柚香光は、大日本帝国のだっさいカーキ色の軍服を着て、なんであんなにカッコイイのか。


そもそも、私はなぜ、軍服を見て胸が疼くのか。


軍服のデザインのディテールには機能性が追及されていて、機能とは「軍隊が勝つ」ためのもので、勝つために行われることは・・・


軍服のデザインがまとった血の匂いが、見る者の神経をぞわぞわさせるのでしょうか。


柚香光が宝塚大劇場のラストの衣装に選んだ黒燕尾にも、軍服のような「ぞわぞわ」した妖しさが満ちていました。


燕尾服の起源は欧州の宮廷服で、さらにその前身は、騎兵がまとったコート「カザック」だそうです。


前丈が短く、背後の下部を燕の尾のように割って長く垂らしているのは、馬に乗って戦うという、ミリタリーな目的に沿ったデザインだそうです。


燕尾服って、男役の戦闘服だったんだな。


身にまとうファッションの、デザイン性の根源を見る者に知らしめる柚香光。


パリコレモデルクラスの、ファッショナブル帝国のトップに君臨するジェンヌだったと思います。

鳳月杏クエスト”to be continued”?お披露目演目発表!




ミュージカル・クエスト

『ゴールデン・リバティ』

作・演出/大野 拓史


19世紀後半、アメリカ。かつて列車強盗団“ワイルドバンチ”の一員であったジェシーは、ライマンと名乗る男から大陸横断鉄道が運ぶ国庫の金貨を盗み出す計画を依頼される。


強盗団の壊滅と共に足を洗っていたジェシーは断ったが、正体を明かすと脅され仕方なく仲間に加わる。人を集め、周到に計画を練った上での実行だったが、列車会社の手違いで同乗する事となった軍隊に気付かれ、図らずも銃撃戦となってしまう。


それでも金塊を奪おうと貨車の扉を開けるジェシー。


だが、そこには金庫も金塊もなく、ただ一人、古い鞄を抱き締めた女が潜んでいた。


軍隊が容赦なく銃弾を浴びせる中、咄嗟に女の手を取ったジェシーは、偶然通りすがったサーカス列車へと飛び乗り、間一髪の所で逃げ切る。


アナレアという、その女が片時も離さない古い鞄は、外交公嚢と呼ばれる国家機密の運搬に用いる品であるらしい。


お宝の可能性も捨て切れないと考えたジェシーは隙を見て鞄を奪おうとするが、サーカス団で溢れる車内では迂闊に手を出せない。


止む無く彼女と行動を共にするうち、やがてジェシーは国家ぐるみの重大事件に巻き込まれて行く……。


列車強盗の男と、秘密の責務を負いアメリカを訪れた女が出会い、迫る危機に共に立ち向かう中で次第に惹かれ合う姿を描く、鳳月杏と天紫珠李の新トップコンビを中心とした月組が挑む、クリフハンガー・スタイルのミュージカル活劇。


紅子:モノクロ時代の、古きよきハリウッド映画のリバイバル上映の解説みたいなストーリーねえ。


管理人:ハリウッドで、新作としてド迫力のCGを駆使して映像化するコンテンツではなさそうな。


紅子:劇団四季や東宝でも、やらなそうなジャンルかも。


管理人:ある意味ものすごくニッチなところを突いてきた、というか。


紅子:なんか、宝塚歌劇団も最近しょっぱいわねえ。


管理人:版権ものをやろうにも、最近は


「原作者の意図を捻じ曲げて、恋愛要素を無理やり入れるような改変はよくない」


という流れだからねえ。


隙あらばラブ要素をマシマシにしたがる宝塚歌劇には、厳しい世の中になってきたのかなあ。


紅子:”クリフハンガー・スタイルのミュージカル活劇”って何だ。



管理人:Wikiによると、クリフハンガー(英:cliffhanger または cliffhanger ending)とは作劇手法の一つで、劇中で盛り上がる場面、


例えば


主人公が崖にぶら下がって絶体絶命!



To be continued.


という作劇法のことですって。


紅子:え、鳳月杏1作目から”To be continued.”なの?


管理人:いくらなんでも1作でハローグッバイは無いでしょ。


まさかの


物語の続きは『PHOENIX RISING(フェニックス・ライジング)』でお楽しみください!


展開?


紅子:『ゴールデン・リバティ』のサーカス団がからむ展開は、野口幸作先生にお願いしたほうが絶対楽しそうだし、



映画『グレイテスト・ショーマン』予告A


野口先生も、歌詞については大野拓史先生にお願いしてもいいと思うのね。


管理人:共同演出の形式にしたほうが、いち演出家の絶対独裁を避ける効果が出るかも。


紅子:ワクワクが欲しいわ。船頭多くして...の可能性もあるし、コラボによる相乗効果があるかも知れない。


管理人:ホント、ワクワクさせてほしいよね。