宝塚 ライビュ専科の地方民のブログ

宝塚を「好き」という気持ちを因数分解してみたい、という思いで綴っています

ホラ話と思いきや、意味深『エンジェリックライ』



ファンタジー・ホラロマン

『エンジェリックライ』

作・演出/谷 貴矢


天界一の大ホラ吹き、天使アザゼル。


類まれなる美貌と聡明さを持つ彼だったが、その大変なる素行の悪さから、ついに天帝の怒りを買ってしまう。


アザゼルは一切の能力を封じられ、修行と称して人間界へと堕とされてしまうのだった。


天界へと帰る方法を模索するアザゼルだったが、天使としての能力と共に、なんと嘘をつく能力も封印されてしまっていた。


人々に真実の素性を語るも、あまりの荒唐無稽さに相手にされず、ホラ吹き呼ばわりされてしまうアザゼル。


途方に暮れ、飲んだくれる彼の話に、唯一真剣に耳を傾ける女性がいた。


彼女はエレナと名乗り、トレジャーハンターだという。


エレナは、どんな天使や悪魔をも従えることができる、と言い伝えられる秘宝「ソロモンの指輪」を狙っていた。


長らく人類史から紛失していたが、最近フェデリコという大富豪が入手した指輪が、それに違いないという。


盗み出すために協力者を探していたが、その荒唐無稽さゆえ、エレナも誰にも相手にされずにいた。


指輪の力を使えば、自分も天界へ帰れるかもしれない、と協力を申し出るアザゼル。


二人は共闘を誓い、フェデリコから指輪を騙し取る策を練り始めるのだった。


その頃、フェデリコの元に別の怪しい影が忍び寄っていた。指輪の力を得んと欲する悪魔、フラウロスである。


一方、その動きを察知した天界も、大天使ラファエルを人間界に派遣し、事態は混迷を極めていく。


だがフェデリコには、それらを跳ね除ける強い野望があった・・・。


果たしてアザゼルは、人間、天使、悪魔が入り乱れる騙し合いに勝利し、力を取り戻して天界へと帰ることができるのか。


壮麗なる虚構で送る、ファンタジー・ホラロマン。


紅子:”壮麗なる虚構で送る、ファンタジー・ホラロマン”


礼真琴の別箱も、ホラ話ばっかりするホラロマン・ファンタジーでしたね。


管理人:谷貴矢先生は、いつも真面目な目をして「デジタル・マジカル・ミュージカル 出島」とかホラ話をする人です。


紅子:ホラ話と思って油断していたら、目が紙の裏まで照らすような光を放っている怜悧な人です。



管理人:”アザゼル”は旧約聖書「正典」に名前は出てきますが、どんなキャラなのかは描写がありません。


神の教えを伝える諸文書のうち、旧約聖書の正典に含まれない「偽典」、つまり異端とされた「エノク書」という文書によると、


アザゼルという名前の天使は、人間の娘を愛して地上に降り、妻とし、子をなす。


アザゼルは、人間の男に戦いの技術を、女には身を美しく装う術を伝える。


その後人間達は、男達は強さを、女たちは美しさを競って争い、人間と堕天使の間に生まれた子供たちは途方もなく巨人化して、地上は大混乱になる。


神は怒り、地上に大洪水を起こしてしまう...



紅子:今はじめてそんな話を聞いたわ。


管理人:まあ、異端とされた話ですからね。


で、このアザゼルさんが、みんなが知ってるあの言葉と関係があるのですって。




荒野の悪霊アザゼルのために選ばれたヤギに,民衆のすべての罪を背負わせて荒野に送る。


このヤギを〈贖罪のヤギ(スケープゴート)〉と呼ぶ。


なお,身代りのヤギ,つまりスケープゴートということばは,旧約時代,人々が自分たちの罪を1頭のヤギになすりつけ,荒野に放って死に至らしめた儀式に基づくといわれる。


この表現からわかるように,社会内的汚れをヤギに転移させ,それを野に放つことで汚れをはらう儀礼が,地中海世界にはあった。…



紅子:”人々に真実の素性を語るも、あまりの荒唐無稽さに相手にされず、ホラ吹き呼ばわりされてしまうアザゼル”


スケープゴートにすべての罪をなすりつけて、追放...


管理人:なんか今のご時世、意味深よね…

『LUPIN~』配信感想 真風涼帆あっさり女に



土曜日は遠征して花組『アルカンシェル』を観劇、日曜日は配信でミュージカル版『LUPIN~カリオストロ伯爵夫人の秘密~』を視聴と、小池修一郎ワールドに浸っておりました。



ミュージカル・ピカレスク『LUPIN ~カリオストロ伯爵夫人の秘密~』プロモーション映像


配信日のキャストは、若き日のアルセーヌ・ルパンは古川雄大、ルパンに至高の快楽と地獄を教えてあげる120歳の美魔女カリオストロ伯爵夫人に真風涼帆。


『アルカンシェル』は、90分で済む話を2時間10分に引き延ばした感がありましたが、


『LUPIN』は真風が男装して真彩希帆をさらって行ったり、ドレス姿の真風とホームズとの絡みなど、サービス場面はいろいろあるものの...


訳ありげな人物が次々出て来てくるが、肝心の物語の方向性がなかなか見えず、第2幕の半ばまでだいぶ冗長に感じました。


モーリス・ルブランの原作のうち、本作のベースとなる「七本枝の燭台 」の謎や、ルパンの最初の妻となるクラリス(真彩)や敵役ボーマニャン(立石俊樹木)のキャラは『カリオストロ伯爵夫人』から、


コナンっぽい少年探偵(加藤清史郎)や、何しに来たのかよくわからないへっぽこホームズ(小西遼生)ネタは『奇巌城』から、


カリオストロ伯爵夫人の男装ネタは、潤花が演じていたアイリーン・アドラーの原作での特技から?


複数のそれぞれけっこうなボリュームがある原作から、いろいろネタを引っ張ってきているようですが、交通整理がうまくいかずにもたついていた印象です。


原作では、クラリスは赤ちゃんを産んだのち早世し、ルパンはカリオストロ伯爵夫人と因縁の再開を果たすので、ひょっとしたら続編があるかもしれません(カーテンコールで古川さんがちょっと匂わせ発言をしていました。)


カリオストロ伯爵夫人の真風涼帆は、声はまだだいぶ低いのですが、タキシードでもドレス姿でも仕草が優雅で、彼女が長い腕をくねらせるたびに画面越しに香水の匂いがふわぁと漂う、艶やかな姉御っぷり。


「ルパン一世」に対する「初代・峰不二子」感があってよかったです。


本格ミュージカル路線は厳しいでしょうが、舞台界に清純派は多いけれど、クラシカルなファム・ファタール系の色香漂う女優は今や希少なのでは?


翻訳舞台、例えばアガサクリスティーもの舞台で犯人役の曲者マダム系など、需要があるのでは?と思いました(贔屓目かもしれない自覚はあります。)

『アルカンシェル』正直感想

『NEVER SAY GOODBYE』のフランク・ワイルドホーン抜き



宝塚大劇場に遠征して、花組公演『アルカンシェル』~パリに架かる虹~を拝見しました。



「パリは燃えているか?」 撤退を決めたドイツのフランス占領軍に、ヒットラーは首都爆破命令を下す。


ナチス・ドイツの侵攻に抵抗を続けていた人々は、その時如何にしてパリの街を護ったのか。


フランスが生んだレビューの灯を消すまいと立ち上がった一人のダンサーを主人公に、パリ解放に至る過程をドラマティックに描き上げる物語。


宝塚歌劇ならではの絢爛豪華なレビューシーンを交えてお届けする、大作ミュージカル・レビューの誕生にご期待ください。


ナチス・ドイツ占領下のパリ。


レビュー劇場「アルカンシェル」では、ドイツ軍の進駐目前にユダヤ系の人々が亡命、残された人気ダンサーのマルセルが、劇場を託される。


看板歌手のカトリーヌと意見を対立させながらも、一座の命運をかけてドイツ軍検閲官のフリードリッヒと渡り合い、レビューの灯を護ろうとするマルセルは、密かにパリの街を取り戻すためのレジスタンス運動に加わっていく。


ある時ドイツ軍将校の執拗な求愛を退けたことで、追われる身となったカトリーヌを匿うこととなるマルセル。


やがて二人は惹かれ合い、共に愛する祖国のために戦うことを決意する。


ドイツ軍の敗色が濃厚になる中、パリを爆破する準備が進められているとの情報を得たマルセル達は、何とかして街を護ろうと立ち上がるのだが…。   



まだ開幕して間もない時期ですので、ネタバレは避けますが、まあ、ファンがあらすじを読んでイメージする物語の展開を、大きく裏切るようなことはありません。


人気ダンサーマルセル(柚香)と看板歌手のカトリーヌが、占領下のパリで当局の検閲を受けながらもレビューの灯を絶やすまいと尽力し、対立しながらもやがて惹かれ合ってゆく...


どうしても『NEVER SAY GOODBYE』を思い出してしまいます。


メインストーリーより、サブストーリーであるドイツ軍検閲官のフリードリッヒ(永久輝)が、ヒトラーによる「ジャズを禁止しろ」「ドイツ・クラシックを広めろ」というお達しと、「スイングしたいぜ!」を両立するために


「ジャズ版・美しき青きドナウ」でスイングしようぜ!


作戦を立案。


仕事ができるうえに紳士的なフリードリヒに、劇団の歌手アネット(星空)が惹かれていく...という展開のほうが、「戦争が終わったら、この2人はどうなるのか」と惹かれるものがありました。




『NEVER SAY GOODBYE』には、ワイルドホーンがいた。


『アルカンシェル』は


『NEVER SAY GOODBYE』のフランク・ワイルドホーン抜き


音楽面での厚みが、段違いなのがなあ...


これは、座付きのスタッフの作曲能力の問題というより、脚本完成の遅れによる準備期間の足りなさが招いている事態なのでは?とちょっと勘ぐってしまいます。




レビューシーンのセットが書き割り主体なのは、「戦前のパリのレビュー小屋のリアリティの表現」なのか、予算の制約なのか、突貫作業で初日に間に合わせたゆえなのか。


特に、「虹」のセットがチープに見えて...


「~パリに架かる虹~」のレインボーカラーの表現って、どう頑張っても「小学生の工作」風味が出て、扱いづらいデザインなのかなあ。



ファッショナブルなはずのパリのセットが、どうにもぱっとしない中、舞台の上で存在感を放つのは、皮肉にも「ハーケンクロイツ」と「ナチスの制服」。


ナチスドイツの悪魔的な『Fashionable Empire』戦略の凄さ、嫌さたるや。


「ハーケンクロイツ」とは、日の丸を反転させた赤字に白丸、その上にお寺の地図記号「卍」を反転させた鍵十字を描いた、ナチ党のシンボル。


ハーケンクロイツをモノクロの記録映像で見たことはあるのですが、カラーで見ると、血の海の上で十字架が曲がり、歯車が回りだしそうに45度歪んでいる。


日本人には「忌引き」の「忌」や「凶」の文字すら想起させる、歪んだ意匠が威圧する毒っ気が凄まじい。


2時間この禍々しい意匠が視界に入り続けると、じわじわと精神を削られる。


ドキュメンタリー『ハーケンクロイツの下のクラシック』予告

Music under the Swastika - The Maestro and the Cellist of Auschwitz



そして、カトリーヌに執拗につきまとうドイツ軍将校コンラート・バルツァー(輝月)やドイツ軍検閲官のフリードリッヒ・アドラー(永久輝)が着る「ナチスの制服」


「ナチスの制服」を着ているジェンヌを見て沸いた感情は、公の場で人様に言うわけにはいかないので伏せておきますが、


アネット:「今日は軍服を着ていないのね」


フリードリヒ:「軍服は図書館で着替えて来たんだ。」


とか


アネット:「今日は私服なのね」


フリードリヒ:「軍服で客席にいると、皆が緊張するからね」


といった会話を聞いていると、アネットの心中の何%かは私と被っていたのかもしれない。

路線に乗るためには何が必要か



レクザムホール(香川県県民ホール)にて、第18回ショパン国際ピアノコンクール第4位入賞、同コンクールで2位に入賞反田恭平氏とそのご結婚され、出産後演奏活動に復帰された小林愛実さんのピアノ・リサイタルを鑑賞しました。




AIMI KOBAYASHI – second round (18th Chopin Competition, Warsaw)




◆プログラム


第1幕


シューベルト


即興曲集D935 op.142


ー休憩ー


第2幕


ショパン


ポロネーズ第7番 変イ長調「幻想」op.61


即興曲 第3番 変ト長調 op.51


幻想即興曲 嬰ハ短調 op.66


アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ op.22



アンコール:「別れの曲」(練習曲作品10第3番ホ長調)



第1幕のシューベルトの曲の演奏を聴いているときは、穏やかで品行方正なシューベルトの楽曲を、女学生のお喋りのように溌溂と展開してくさまを聞きほれておりました。


正直、ちらっと「優等生的な演奏だなあ」と思ったり。



休憩後、ポロネーズ第7番 変イ長調「幻想」op.61の第1音が鳴り響いた瞬間、旋律が走りました。


ゆるやかな旋律で歌うように演奏するのはよく聞きますが、ショパンの容赦ない「速弾き」のフレーズで、1音なりともなおざりにせず、すべての音符がセリフのように意味を持って奏でられるので、


ピアノ1台で、オーケストラをバックに望海風斗が歌い上げているような熱量を感じました。


世界で活躍するレベルのピアニストとなると、


シューベルトを弾くと当たり前に上手く、


得意分野であるショパンを弾くとべらぼうに上手い。



私は普段地方住まいで、クラシックのコンサートなんて、地元出身の音大卒のピアニストが


モーツァルトも、ベートーヴェンも、ショパンも、ディズニーも、ジブリも何でも弾きます!


という幕の内弁当なコンサートしか体験していなかったので、


「上手い人は何を弾いても上手い」


としか思っていませんでした。



小林愛実さんは、凄まじく基礎レベルが高い世界にあって、そのうえで自身のショパン弾きの適性を見極め、有利に戦える土俵を見極めて勝負し、結果を出してきた。


路線に乗るためには、戦略が大切。どこの世界も同じなのですね。

永久輝せあ『ドン・ジュアン』聖乃ついに東上!






初演では永久輝せあはヒロイン・マリアの婚約者、ラファエロ役でしたね。


出征して帰還したら、マリアはドン・ジュアンと恋仲になっていて、怒りのあまりドン・ジュアンに決闘を申しこむ。


『ドン・ジュアン被害者の会』の男達2,000人分の「愛の呪い」が、じわじわと、ねっとりと、永久輝せあの三白眼を狂気に染めていく。


作品としては正直、2,000人分の被害届だの、ワンナイトラブの後のレターだのにまみれた主人公が悲劇的なラストになって


「でしょうね。」


案件を、望海風斗の歌の巧さですべてをねじふせさせられた、という感想でした。


心理の変化というより、「場」ごとの感情の爆発を圧倒的歌唱で表現するつくりの作品だと思います。


どうしても初演と比較されるのでしょうが、永久輝せあならではの心理的リアリティの表現を楽しみにしています。



聖乃あすか東上公演も発表になりましたね。



ロマンチックコメディ

『Liefie(リーフィー)-愛しい人-』

作・演出/生駒 怜子


オランダの小さな街で、新聞記者として働くダーン。誰もが思わず笑顔になるような、世界を明るくするような、そんな“言葉”をダーンは探していた。


そのために始めたのが「あなたに伝えたいこと」の掲載である。


ダーン自ら新聞の広告欄を購入し、街の人を取材したニュース。


誰かの人生の役に立つようなニュースではないが、その取材を通して自分の求める“言葉”に辿り着けるとダーンは信じている。


掲載紙が発行されると、ダーンは必ず幼馴染のミラが働くカフェを訪れる。


大人になるにつれ、ミラはどんどん笑わなくなった。


ダーンが“言葉”を探す理由とミラが笑わない理由につながりがあるとか、ないとか…?


街の人々を巻き込みながら、ダーンとミラは無事ハッピーエンドに辿り着けるのか?


「言葉」をテーマに、華やかなダンスナンバーを交えたロマンチックなラブコメディをお届けします。  


記者が自ら新聞の広告欄を購入して、街の人を取材したニュースを掲載する?


”誰かの人生の役に立つようなニュースではないが、その取材を通して自分の求める“言葉”に辿り着けるとダーンは信じている。”


いや、学生新聞じゃなくてプロの新聞記者なら、仕事として街の人を取材して、誰かの人生の役に立つ記事を書くことを目指そうよ…


この “言葉” の使い方、どこかで見た...


あ、


2023年 宙組バウホール( 主演:鷹翔千空)


バウ・ドリーミング『夢現(ゆめうつつ)の先に』


で役名が”僕”とか”彼女”とか”白い羊”が飛び回っていた、生駒怜子先生ですね。


第1作を拝見するに、ライトノベル的・異世界に飛ばされ系な作風をお持ちの先生でしたね。


バウのような小さい劇場で、とにかくいちど書いてみるのは良いのですが...


ライトノベルの作風のままで大河ドラマや朝ドラの脚本は書けませんので、ハコの大きさに合わせて、作品の骨組みのサイズアップがされていることを願います。