宝塚 ライビュ専科の地方民のブログ

宝塚を「好き」という気持ちを因数分解してみたい、という思いで綴っています

2024年5月のブログ記事

  • 株主に「宝塚歌劇団に関する問題について」手紙が来た

    先日家に帰ると、阪急阪神HDから 「定時株主総会をするから来てね!」 というお手紙が来ておりました。 封筒が例年より薄いなと思ったら、今年から 「株主総会資料は、ウェブサイトからダウンロードしてね!」 時代の流れですね。 阪急阪神HDの株価は去年、例のアレで1株あたり5,600円を超えた日もあった... 続きをみる

  • 一禾あお退団

    一禾あお、退団されるのですね。 彼女の演技で一番印象的だったのは、『蒼穹の昴』新人公演での李春児役(本役:朝美絢   糞拾いから宦官の身になり、西太后のそば近く仕え出世する)でした。 本役の朝美絢の春児は「逆境においてなお失われぬ無垢、徳の高い人」の印象が強く、 一禾あおの春児には「ハングリーであ... 続きをみる

    nice! 4
  • 舞空瞳MS感想 彼女と礼真琴の関係って…

    舞空瞳MS「Dream in a Dream-永遠の夢の中へ-」 いやーっ。良かった。 「Part of Your World」(リトル・マーメイド)もよかったし、 ラスト、お花畑のようなドレスをひるがえし、「エメ」(ロミオとジュリエット)でヴェールをひらひらと踊る姿は、 争いの街ヴェローナの貴族... 続きをみる

    nice! 1
  • 劇団の改革の取組を信じられるのか?

    本日(2024年5月14日)、宝塚歌劇団の改革に向けた取組の進捗状況について公表されておりました。 2024年4月1日付で、ガバナンス・内部統制、法律関連、組織風土改革・心理的安全性、演劇制作の外部有識者で構成されるアドバイザリーボード(顧問委員会。監査役会)が設置されたのですね。 個人的に宙組報... 続きをみる

  • 『Eternal Voice 消え残る想い』感想

    『Eternal Voice 消え残る想い』宝塚大劇場千秋楽を配信で視聴いたしました。 作品紹介 ヴィクトリア女王統治下のイギリス。 考古学に傾倒しているユリウスは、古美術商を営む叔父に頼まれ、アンティーク・ハンターとして各地を飛び回る生活を送っていた。 そんなある日、彼はメアリー・スチュアートの... 続きをみる

  • 『仮面のロマネスク』感想

    雪組公演ミュージカル『仮面のロマネスク』~ラクロ作「危険な関係」より~ を配信で視聴いたしました。 原作と宝塚版の違い 宝塚版『仮面のロマネスク』の人物関係と前半のあらすじは、ラクロ作「危険な関係」とほぼ同じです。 ヴァルモン子爵(朝美)とメルトゥイユ侯爵夫人(夢白)はかつて恋人であり、いまは共通... 続きをみる

  • 雪組『39 Steps』感想

    雪組公演 バウ・ヴォードヴィル 『39 Steps』を配信で視聴いたしました。 うーん・・・ 原作としてクレジットされているジョン・バカン「三十九階段」は、戦前のヒッチコック監督版をはじめ何度も映像化され、最近もベネディクト・カンバーバッチ主演でTVドラマ化された人気作なのです。 田渕大輔バージョ... 続きをみる

    nice! 2
  • 花組新人公演「アルカンシェル」正直感想

    花組 東京宝塚劇場公演『アルカンシェル』の新人公演を配信で視聴いたしました。 2幕もの作品を1時間45分ほどに圧縮し、華やかなレビューシーンは冒頭以外ほぼカット。 華やかさは大幅に減り、宝塚歌劇というより、 終戦ドラマ特集【戦時下の浅草レビュー小屋で生きた人たちの物語ーそれでも私は舞台に立った】 ... 続きをみる

    nice! 2